最高のクオリテイから悔しさの残る結果へ(≧∇≦)

March 4, 2018

 

2月半ば過ぎ...

締め切りだった音楽ライブのフライヤー

1回目の提出で

 

”最高!!”

”プレミア感あるね!”

の言葉を頂き修正箇所なしで終わりました

 

 

が.......

 

 

 

 

 

キャッチフレーズを入れたい!

という事になり

それを入れようと修正するもなかなか上手くいかない^^;

 

 

1発目の提出で修正箇所が無かっただけに

パーフェクトな仕上がりに何かを加えることは

バランスを崩したりクオリテイを下げる要因になってしまいました

 

 

時間があれば練り直せた

でも、入稿までに時間の猶予はなかった

 

 

その場でキャッチフレーズを入れ”最高!”というランクから

なんとなく下がった状態で入稿された

 

 

悔しさが残るなんとも後味の悪い結果になってしまった

 

 

 

お稽古サロンとは求められるものが全然違アーチストの思考

自分の中から生み出す作品

 

 

去年から制作に関わらせて頂いてますが

過去のものと比べると2段階跳びくらいで

上達していると言われました

 

 

出来る人間だと思うからと求めるものに容赦がない

 

 

 

応えられなければそこで終わり

 

 

未熟な部分を突かれズバッと切り込まれた

完成度の高いものが作れていただけに

その悔しさは何倍にも感じられた

 

 

自らの音楽とは別に業界仕事もされてる方々...

皆さんが耳にしているとすれば

平昌オリンピックの音楽や月9ドラマの曲、他にもいろいろ...

 

 

プロアーチストとしてのやり方や感性で向かってくるエネルギーは

とても大きく疲労が凄い

 

 

鍛えられます!!

 

 

経験と学びは今後の制作にも絶対生かされるからと言われました

歩みを止めずチャレンジし続けようと思う٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 © 2017 Sweet Smile Yuka. All Rights Reserved.

  • Instagram
  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン